商標登録

イメージ500*180

商標とは

商標とは、会社名や商品名などのことをいいます。例えば、商品に付したり、百貨店の紙袋に付して使用したり、飲食店の看板などに付して使用します。商品に自分の社名を付することによって、その商品は自社の商品であることを需要者に知らしめます。商標には、文字だけのものもあれば、図形だけのものもあります。また文字や記号、図形が組み合わさったものや立体的形状のものなど様々です。

平成27年から、新たに登録可能となった商標があります。これまでの文字や図形等に加えて、音・位置・ホログラム・動き・色彩の商標の登録が認められます。

商標登録には、数多くのメリットがあります。登録すれば、その商標を独占排他的に使用することもできますし、他人に使用許諾を与えて許諾料を得ることも可能です。登録することにより、他人は使用できませんので、自己の業務を表す標章として認識されれば、その標章の価値が高まります。ブランド戦略に商標登録は必須です。

商標登録をする際に、注意すべきことは、「既に登録されているものと同じものや似ているものは登録することができない」ということです。その他にも、登録が認められるためには、法律で定められた条件を満たしている必要があります。 例えば、この商標登録のページや商標登録のページなどに詳しく記載されています。


商標権の効力

商標権は、出願→登録査定→登録料納付→原簿に登録、の手順を経て発生します。
商標権を取得すると、商標権者は、その指定商品・役務について独占的に登録商標を使用できます。また、第三者が、登録商標または登録商標に似ている商標を、指定商品・役務や似ている商品・役務に使用している場合は、その者の使用の差止を請求することができます。


登録料の分割納付

登録査定・審決がされたとしても、ちゃんと登録料を納めなければ、権利の効力が発生しません。登録料を納付すれば、設定登録がされますが、権利は設定登録の日から10年間有効です。登録料は、10年分を一括して支払うこともできますし、前半5年分と後半5年分に分割して支払うこともできます。分割納付の場合の方が、料金が割高になりますが、短期間しか使用する予定がない場合などは、分割納付を利用するといいでしょう。

分割納付の場合の納付時期は、登録査定・審決の日から30日以内に前半5年分を納付します。そして、存続期間の満了前5年までに、後半5年分を納付します。後半5年分の納付がない場合には、権利は消滅します。

更新の場合であっても、分割納付することができます。


権利の存続期間

原則、商標権の存続期間は、設定登録の日から10年間です。

特許権が出願の日から20年間、意匠権が設定登録の日から20年間有効であるのに比べて、商標権は有効期間が短いように感じるかもしれませんが、実は商標権は、更新することにより、その期限をさらに10年間存続させることができます。つまり商標権は10年ごとの更新を繰り返すことにより、半永久的に存続可能な権利なのです。


更新手続き

更新申請手続きは、規定の期間内に行わなければなりません。

更新申請手続きの期間は、存続期間満了前6月から満了日までです。特許庁からは何も通知されませんので、存続期間の満了日を忘れずに更新手続きをすることが必要です。 また、上記期間の経過後であっても、期間経過後6月以内であれば、登録料にプラスして割増登録料を支払うことにより更新手続きが可能となります。




トップページ

商標調査

指定商品・指定役務

商標Q&A

費用について

不使用取消審判

お問い合わせ

相互リンク

相互リンク申込み