商標登録

イメージ500*180

不使用取消審判


不使用取消審判とは、一定期間(設定登録から3年間)、その商標を指定商品又は役務について使用していない場合に、その商標登録を取り消すことができる審判のことをいいます。不使用取消審判は、誰でも請求することができます。

では、不使用取消審判が請求される具体的な事例を見てみましょう。

Aさんは、登録商標「■▼■」について指定商品「化粧品,被服,パン及び菓子」という商標権を有しています。しかしAさんは、登録してから3年以上の間、「■▼■」について「被服」のみに使用していて、「化粧品,パン及び菓子」には使用していません。

Bさんは、「■▼■」に類似する「□▽□」について指定商品「化粧品」の商標登録出願をしました。しかし、Aさんの登録商標を引例に拒絶されてしまいました。そこでBさんは、Aさんの「■▼■」の登録商標の使用状況について調査しました。調査の結果、Aさんは「■▼■」について「化粧品」に使用していないことが分かりました。

Bさんは早速、Aさんの商標登録について不使用取消審判の請求をしました。

パターン@ 失敗例


Bさんは、Aさんの商標登録に係る指定商品「化粧品,被服,パン及び菓子」について不使用取消審判を請求しました。審判を請求されたAさんは、「被服」について商標「■▼■」を使用している証拠を提出し、Bさんの請求は認められませんでした。

審判を請求された商標権者は、請求された指定商品のうち、一つでも使用の証明をすれば、取り消しを免れ得ることができます。今回の場合、「化粧品,被服,パン及び菓子」について審判請求されていたので、そのうちの一つである、「被服」の使用を証明することにより、Aさんは商標登録の取消しは免れ得たということです。

パターンA 成功例


Bさんは、Aさんの商標登録に係る指定商品「化粧品」について不使用取消審判を請求しました。審判を請求されたAさんは、「化粧品」について使用の証拠を提出しなければなりません。しかしAさんは、過去3年間継続して「■▼■」を「化粧品」に使用していません。使用を証明できなかったAさんは、「化粧品」についての商標登録を取り消されてしまいました。

Aさんの「化粧品」の商標登録が消滅したので、Bさんは、「□▽□」について指定商品「化粧品」で登録が認められました。

このように不使用取消審判は、指定商品又は役務ごとに請求することができます。請求人は、必要とする最低限の範囲で、取り消したい商品又は役務のみについて審判の請求をすることが望ましいと思われます。




トップページ

商標調査

指定商品・指定役務

商標Q&A

費用について

不使用取消審判

お問い合わせ

相互リンク申込み